食味に優れた芽キャベツ 有機種子 グリーンフィールドプロジェクトのタネ 芽キャベツ 超人気 専門店 食味に優れた芽キャベツ 有機種子 グリーンフィールドプロジェクトのタネ 芽キャベツ 超人気 専門店 グリーンフィールドプロジェクトのタネ,241円,【有機種子】芽キャベツ,/bajree483914.html,花・ガーデン・DIY , ガーデニング・農業 , 種子 , 野菜の種子,dnlfabco.com,食味に優れた芽キャベツ! 241円 食味に優れた芽キャベツ! 【有機種子】芽キャベツ グリーンフィールドプロジェクトのタネ 花・ガーデン・DIY ガーデニング・農業 種子 野菜の種子 グリーンフィールドプロジェクトのタネ,241円,【有機種子】芽キャベツ,/bajree483914.html,花・ガーデン・DIY , ガーデニング・農業 , 種子 , 野菜の種子,dnlfabco.com,食味に優れた芽キャベツ! 241円 食味に優れた芽キャベツ! 【有機種子】芽キャベツ グリーンフィールドプロジェクトのタネ 花・ガーデン・DIY ガーデニング・農業 種子 野菜の種子

食味に優れた芽キャベツ 有機種子 グリーンフィールドプロジェクトのタネ 芽キャベツ 超人気 直送商品 専門店

食味に優れた芽キャベツ! 【有機種子】芽キャベツ グリーンフィールドプロジェクトのタネ

241円

食味に優れた芽キャベツ! 【有機種子】芽キャベツ グリーンフィールドプロジェクトのタネ



メール便OKラッピングOK無農薬
コメント:芽キャベツは、秋・冬に収穫期を迎え、1つの株から小さなキャベツがたくさん収穫できます。
食味に優れた品種です。

固定種です (F1ではありません)
学名、科名:Brassica oleracea var. gennifera アブラナ科アブラナ属
英名:Brussels sprouts
和名:姫甘藍(ヒメカンラン)、子持甘藍(コモチカンラン)
別名:
種類:一年草
味わい方:外皮を1~2枚剥いて、湯掻いてから食べます。
炒める時も一度下ゆでした方が料理しやすいです。
塩コショウ、バターで軽くからめてもおいしくいただけますし、
スープに入れたり炒め物に混ぜてもおいしくいただけます。
播種時期:暖地:7月~8月
冷地:4月~5月
収穫時期:暖地:晩秋~早春にかけて
冷地:秋~冬にかけて
発芽適温:
発芽日数:
播種深さ:
生産地:モルドバ
内容量:0.5g
発芽率:約80%以上
おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。
まき方:ポットに種を3~4粒まきます。
育て方:背丈が7~8cmで1本に間引き、株間約50cmで定植します。
暖地では夏に種をまき晩秋~早春にかけて収穫し、冷地では春に種をまき秋~冬にかけて収穫します。
茎の付け根から鈴なりに実をつけ始めるので、下部から順に身を収穫し、下部の葉も根元から切り取り、上部の生育を促します。
備考:・この種子を直接、食用・飼料用に使用しないで下さい。
・お子様の手の届かない所に保管下さい。
・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。
・種子は本質上100%の純度は望めません。
・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。
・商品の成長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。
・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。
・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

食味に優れた芽キャベツ! 【有機種子】芽キャベツ グリーンフィールドプロジェクトのタネ

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

中年女性に認められた胸腺過形成の2例を報告する.症例1は46歳,女性.CTで胸腺腫を疑い,胸腔鏡下に腫大した胸腺の生検を施行し,迅速組織診では,反応性リンパ節の診断であった.しかし,永久組織標本では胸腺腫を否定出来ず,胸骨正中切開下に胸腺胸腺腫瘍摘出術を施行した.最終的にリンパ濾胞性胸腺過形成と診断した.症例2は48歳,女性.CTおよびMRIで縦隔腫瘤を指摘された.MRIで腫大した胸腺内に16mm大の結節を認め,こちらは胸腺嚢胞を疑ったが,悪性腫瘍も否定できず,胸骨正中切開下に胸腺胸腺腫瘍摘出術を施行し,真性胸腺過形成および胸腺嚢胞の合併と診断した.自己免疫性疾患の合併を伴わないリンパ濾胞性胸腺過形成や,外傷や化学療法などの治療歴のない非若年者における真性胸腺過形成の報告は極めて稀であるので報告した.

We report two middle-aged women with thymic hyperplasia mimicking thymoma. A 46-year-old woman presenting with a cough was referred to our division for the diagnosis of a light diffuse interstitial shadow of the lung and a mass in the anterior mediastinum on a CT scan. A thymic specimen obtained by video-assisted thoracoscopic surgery showed lymphoid follicles. As we could not rule out a thymoma because she had no autoimune diseases, we performed a thymo-thymectomy through a median sternotomy. The final diagnosis was not thymoma but lymphofollicular thymic hyperplasia. The other patient was a 48-year-old woman who presented with precordial pain. A cystic lesion in the anterior mediastinum was found on chest CT and MRI. True thymic hyperplasia combined with a thymic cyst was diagnosed on thymo-thymectomy through a median sternotomy. Thymic hyperplasia without self-immunologic disorder or true thymic hyperplasia in middle-aged adults is extremely rare. However, this entity should be considered in cases showing an anterior mediastinal mass mimicking thymoma, even in aged patients.

収録刊行物

  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery

    日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 25(1), 64-68, 2011-01-15

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

ページトップへ